白色申告と2種類の青色申告

独立してフリーランスとなれば、それまでの会社勤めとは何から何まで変わってきますが、その中でも気を付けなければいけないのは確定申告を忘れないということです。今まではそういったことはすべて会社がやってくれましたが、これからは自分自身の手で処理をしなければならなくなります。確定申告には白色申告と青色申告があるので、まず、そのどちらかを選択しなくてはなりません。

白色申告のメリットはとにかく手続きが簡単なことです。それに対して青色申告は手続きに手間がかかります。特に、複式簿記を用いた青色申告は、未経験者がいきなり手を出すには歯ごたえがありすぎます。しかしその分、税制上のメリットを大きく、青色申告を選ぶと自動的に65万円の控除が発生するのです。とはいえ、フリーランスになったばかりで儲けがほとんどないと人にはこの控除はメリットが小さく、手間に見合わないかもしれません。

それでは儲かっていない内は白色申告でよいのかというと、実はもう一つの選択肢が存在します。それが、簡易簿記を用いた青色申告です。これなら手間も白色申告とさして変わりありません。もっとも、この方式を選択すると控除額は10万円に減ってしまうのですが、それでも青色申告にすることには大きな意味があるのです。実は、青色申告にすると赤字を来年に繰り越すことができるようになります。儲かっていない時期であるからこそ、確定申告時の青色申告の利点は最大限に生かすべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です